合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM
合同会社HCDM

HUMAN. CHALLENGING .DREAM. MOMENT. ハンデなんて関係ない。俺たちのリアルはここにある!

About HCDM

日本の技術を世界中へ!!
モータースポーツのパラリンピック開催に挑戦します。

「ONE hand NEXT プロジェクト」
-Human Chalenging Dream Moment -
私たちが夢に挑戦する瞬間。体験する場所。

「ONE hand NEXT プロジェクト」<br />
-Human Chalenging Dream Moment -<br />
私たちが夢に挑戦する瞬間。体験する場所。

現在日本において「ハンディキャップドライバー(障碍者ドライバ―)」でも手の操作だけでクルマを自由自在にコントロールできる時代が到来しています。

HCDM.EXPERIENCE.とは、「Human.Challenging.Dream.Moment.」をテーマに「私たちが夢に挑戦する瞬間」そしてそれに向かって皆さんと一緒に体験できる場所の提供を目指して日本全国で行ってきたボランティア支援活動そのものであり、その想いを実現し続けてきた弊社の基本理念でもあります。

長年のHCDMの活動により、求めていた運転補助装置や夢の実現に向けての提案を聞き入れてくださり、ビジネスとして協力していただける方々と出会うきっかけが出来ました。

そして2020年、私たちは目標の実現化を目指して法人登記を行い、新たなるプロジェクトをスタートさせました。

夢を諦めない全ての人たちへ伝えたい。
私たちはモータースポーツのパラリンピックの開催に挑戦します。
私たちは世界中へ羽ばたきます。応援してください。

HCDMの活動は世界を目指しています。

HCDMの活動は世界を目指しています。

日本のハンディキャップドライバーのドライビング技術は世界でも最前線です。
私たちは、モータースポーツに貢献し、挑戦し続けていられることを証明したい!!と、強い思いを胸に秘め、活動を行っています。

日本国内はもちろん、海外のトップアスリート(ハンディキャップドライバー)たちとも切磋琢磨できる環境を目指しています。
ここ数年の海外のハンディキャップドライバーのみなさんの勢いは本当にすごく、私たちは彼らと一緒に走れるグローバルな環境を実現させたいと切に願っています。

日本国内でもっとハンディキャップドライバーの実力が認知されるようになれば、これからの世代の人たちの可能性や情報が広がって、アスリートが切磋琢磨できる環境もより豊かになっていくはずです。

そして、その先にある未来。

モータースポーツから生まれる世界規模でのバリアフリー・共生社会を目指しています。

HCDMの活動

  • モータースポーツのパラリンピック開催の実現に向けた活動
  • ハンディキャップドライバーへのモータースポーツ支援活動の継続と提案
  • 手動装置(運転補助装置)ユーザーへの情報の配信&提供
  • 手動装置(運転補助装置)の製品開発・テスト
  • これからの手動ドリフトマシンの可能性と向上
  • 気軽さ・楽しみ方・テクニックの向上と可能性への挑戦
  • 海外遠征へ向けた活動と実現

HCDMの活動

HDCMの活動は日本全国に展開しています

  • 北海道
    北海道
  • 関西
    関西
  • 関東
    関東
  • 九州
    九州
  • 大阪
    大阪
  • 富士スピードウェイ
    富士スピードウェイ

代表ご挨拶

代表 星野勝志

HCDMホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は先天性の両下肢機能障碍者(歩行可)です。全身多発性関節拘縮症という難病を抱えています。
握力があまりないことと自律神経の障害で体温調整がうまくできず、主に顔からしか汗をかくことが出来ません。

18歳でオートマ限定の運転免許を取得しました。
40歳になる今に至るまで、公道で交通事故を起こしたことはありません。
手動装置という運転補助装置で、手だけでドリフト走行を縦横無尽にコントロールすることが出来ます。
膝と足首が曲がらないため、足でのペダルワークが出来ないので、ドリフト走行中も常に片手だけで運転をしています。
20代まではドリフトの大会にも積極的にエントリーしていました。

HCDM(ハンディキャップドライバーミーティング)に参加するドライバーのひとりひとりが、自らの苦難に立ち向かい、乗り越え、諦めず、挑戦し続けています。
そこにはモータースポーツにたどり着くまでのヒューマンストーリー、そして常にその先に向かって歩み続けるドライバー達の日常があります。
今や健常者にもまったく引けを取らないそのドライビングテクニックは年々向上し、今後もますます飛躍していくことでしょう。

ドリフトから生まれる数々の感動と秘話。「モータースポーツ・ドリフト走行の可能性」「勇気と感動の挑戦」「障碍者の今」を感じていただきたいと考えております。

ぜひ皆様にこの活動に協賛いただき、可能性あるその先の未来へ色々な形で一緒に参加していただき、皆様と一緒に感動を共感したいと願っています!!
私たちは、この目標を実現させるために常に全力全身で挑戦し続けています!!

HCDM代表 星野 勝志(ほしの かつし)

<プロフィール>

  • 1979年11月29日生まれの40歳
  • ドリフト・サーキット歴 22年
  • ゴールド運転免許と国内B級ライセンスを所有
  • 所有車歴
    • PS13 NISSAN シルビア 22年目 唯一無二の僕の相棒 手動ATマシン 400PS
    • JZX81 TOYOTA マークⅡ 14年目 アクチブクラッチ搭載 手動MTマシン 350PS
  • バリアフリーイベント HCDM 主催 2006 ~ 2017
    「主な開催場所」
    • 群馬県 関越スポーツランド
    • 埼玉県 本庄サーキット
    • 栃木県 日光サーキット
    • 静岡県 富士スピードウェイ
    • 茨城県 筑波サーキット
    • 奈良県 名阪スポーツランド
    • 大分県 オートポリス
    • 大阪府 舞洲スポーツアイランド
    • 東京都 お台場イベント 他
  • 2017 第1回 FIA INTERCONTINENTAL DRIFTING CUP ゲスト出場
  • 出演メディア
    雑誌
    • ドリフト天国 2004 ~ 2017
    • オプション 2005
    映画
    • 「SS」哀川 翔 主演 2008 ※峠のギャラリーとして参加しています。
    TV
    • NHK 「福祉ネットワーク」 2007
    • TBS 「夢の扉」2008
    ラジオ
    • J-WAVE「JK RADIO TOKYO UNITED!!」
      ナビゲーター ジョン・カビラ 2012

HCDMドライバー動画

  • HCDMドライバー動画
  • HCDMドライバー動画
  • HCDMドライバー動画
  • HCDMドライバー動画

お問い合わせ

HCDMへのお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
* は入力必須項目です。

お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
電話番号
住所

お問い合わせ内容*

会社概要

会社名 合同会社HCDM
本社所在地 〒378-0414
群馬県利根郡片品村大字東小川4775-2
TEL&FAX:0278-25-3318
代表社員 代表 星野 勝志
設立 2020年2月
資本金 300万円
事業内容 マネジメント・プロダクション
主要取引銀行 ジャパンネット銀行・楽天銀行

協賛団体

HCDMの活動に協賛いただける企業・団体様を募集しています。

お問い合わせはこちら